松本秀樹の「使ってみないと、納得しないよ!」~カラダとアタマを使おう編

今年の夏は、大雨か酷暑かの2択しかなく、わんちゃんと太陽が出ている間に散歩に行ったり、お出かけをした記憶がほとんどないですよね。
夏は、ただでさえわんちゃんを熱中症にさせないために散歩は短くなりがちです。さらに野外でのボールやディスク遊びも控えめになるので、犬が運動不足になりやすい季節なんです。

犬も私たち人間同様に「身体を動かす=運動欲求」「頭を使う=仕事欲求」というものがあり、どちらかが不足してもストレスを感じてしまいます。
なので、今年はストレスを抱えている犬達が、結構多いんじゃないでしょうか。

なんてことを考えながら、7月末に娘(松本家の長女)が生まれてドタバタしていて溜まりに溜まっていた、郵便物やネットで注文したもの中に、おや、見覚えのある差出人…
「DADWAYペット事業部長 大里」さん!ん?何か頼んでたっけ???

大きさと形からしてディスク?ちゃうな…「トリーツ・メイズ」。ナンだろう?

手紙には「松本さんならもちろん知ってるとは思いますが、スウェーデンの犬の知育玩具開発者、ニーナ・オットソンが発明した犬の頭が良くなるおもちゃです。」
し、知ってますがな(汗)ニーナのおとっつぁんでしょ!?

ふーん、この穴におやつを入れて、色々と動かすと横の穴から出てくるわけか・・・。
これ、偶然におやつが出てくることはあっても、仕組みを理解しておやつを出せる犬なんておるんかな? 大里部長、やっぱりこれも、使ってみないと納得しないよ!

さて、誰に使ってもらおうかな…。
せや!犬仲間の間でも賢こいと評判で、おもちゃもおやつも大好きなルルちゃん(ラブラドールレトリーバー・5歳・女の子)がええわ! お家にお邪魔して、早速「トリーツ・メイズ」をルルちゃんに差し出したところ・・・。

おもちゃ大好きルルちゃんは興味津々。
僕から新しいおもちゃをもらったと思ったルルちゃんは「トリーツ・メイズ」をくわえて、ソファーに飛び乗ったり、部屋中を走り回ったりしている。と、とりあえず気に入ってもらえたみたい。
ルルちゃん、これからもっと喜んでもらえる…かどうかはルルちゃん次第やけどね。
ルルちゃんに見せながら、上の穴におやつを入れてみると・・・。

さすがわれらがルルちゃん!
まだ何も教えてないのに鼻先で「トリーツ・メイズ」をひっくり返しておやつをゲット!
ルルちゃん、やっぱりめっちゃ賢い!!

次は、おやつを何個か入れて渡してみる。遊び方の難易度が高められるんだ。
おやつがたくさん入っているのがわかったルルちゃんは、「トリーツ・メイズ」を空中へ放り投げた!? おやつが2個、3個と飛び出してくる!
それを見ていたルルちゃんのママが「ルルが1つのおもちゃに、こんなに夢中になるのは珍しい」とぽつり。
おやつを取り出すというシンプルな仕掛けが、2つの欲求「身体を動かす=運動欲求」と「頭を使う=仕事欲求」を満たし、ストレス解消につながっている。ん~恐るべし、DADWAY&ニーナのおとっつぁん!

犬にも人間と同じように年齢を重ねると、昼と夜が逆転したり、ごはんを頻繁に要求したりする「認知症」になる子もいます。
なるべくそうならないために、「頭を使う=仕事欲求」を満たすような「どっちの手におやつが入っているか」「宝(おやつやおもちゃ)探し」「かくれんぼ」などの簡単なゲームや今回のような知育玩具で頭を使う遊びを取り入れることをおすすめします。



COLUMN 松本 秀樹さん
ドッグライフコンサルタントとして「まさはる君が行く!ポチたまペット大集合!」(BSジャパン)に出演。犬に関する資格を多数取得している犬のプロ・犬の達人。オフィシャルブログ「3度の飯より犬が好き」はコチラ