双子ちゃんだからこそのものを!出産祝いのポイント

双子ちゃんだからこそのものを!出産祝いのポイント

友人や親せきに赤ちゃんが生まれたときにも出産祝いに「何を贈ったら喜ばれるか」と悩まれる方は多いですが、その赤ちゃんが双子だと更に迷ってしまうものです。
お祝い額は増やしたほうが良いのか、同じものでも2つ用意したほうが良いのか、など今までに何度か出産祝いを贈った人でも悩まれるのではないでしょうか。

そこで今回は双子ちゃんに贈る出産祝いのポイントについて紹介します。



お祝いの相場は?



出産祝いの相場は贈る相手の立場や関係性によって多少の前後はありますが、友人なら3千円から5千円程度、親戚なら1万円から2万円程度と言われています。

生まれた赤ちゃんが1人ならこの額で問題ありませんが、双子ちゃんの場合は相場の1.5倍から2倍の額を予定しておくといいでしょう。
お祝い金ではなく物をプレゼントする場合は、予算設定しづらいこともありますので、あらかじめどんなものが欲しいのかリサーチしておくのもおすすめです。


双子ちゃんだからこそ喜ばれる物

双子ちゃんだからこそ喜ばれる物

贈り物の定番はいろいろありますが、双子ちゃんだからこそのものを選ぶのはおすすめです。
ただ、みんながこぞって双子ちゃん用のアイテムを贈ってくれると誰かと同じものをプレゼントしてしまうことも考えられます。 訪問前に周囲の贈り物をリサーチしておくか、幾つかあっても困らないものをプレゼントするようにしましょう。
贈り物としてはお揃いのおもちゃ洋服食器類タオルなどが人気です。

また、贈り物に迷ったときには、絵本や商品券など二人とも使えるようなものもおすすめです。

包みの数には気をつけて!

包みの数には気をつけて!

出産祝いを含め、おめでたいお祝いのときには「割れる」偶数の数字はタブー視されています。
「そんなこと気にしないよ!」という人もいれば、「あまり縁起が良くないのに」と気にされる方もいらっしゃいますので、包みの数には気を配るようにしましょう。

双子ちゃんそれぞれに贈り物をする場合には、別々に包装したくなってしまいますが、それだと2つの贈り物になってしまいます。
中身を2つに分けてもらい、それをひとつにまとめて包装してもらったり、双子ちゃんの分とは別に出産を終えたママにも贈り物を添えて3つにするとよいでしょう。



面会に行くときは体調に配慮して



赤ちゃんをひとり出産するのには相当の体力がいりますが、双子ちゃんとなるとそれ以上の体力が必要です。
そんな出産を無事に終えても2人分のお世話が必要になるので、疲れがたまっているママは多いようです。

また、双子ちゃんになると帝王切開で出産するママも多く、手術の痛みが辛いという人も少なくありません。
面会に行くときは母子ともに健康なことを確認してから訪問するようにしましょう。
また、長居は避けて休息の時間を作ってあげることも大切です。