子どもの自信を育む「幸せ絵本」の見つけ方



「絵本、好きですか?」と問われれば、多くの親が「好き」「楽しそう」と答えるでしょう。 それでいて、たいていの大人の頭を悩ますのが「わが子が本当に絵本好きになるには、何を選んだらいいのか?」。 そんな子育て世代の声に応えて凸版印刷が絵本キュレーションサービス「conoco terrace(コノコテラス)」を、リリースしました。

自分の子どもの時の思い出の一冊、書店やカフェの棚に並ぶベストセラー作品。 親が「これ!」と思いさだめたものを、楽しく読み聞かせることは何にもまさる大切なことです。親のいい表情が、子どもにとって心の栄養であることは間違いありません。

しかし年間に出版される絵本は約2000冊。名作といわれるロングセラーをふくめると膨大です。 親の目線だけに偏らず、わが子のために、しっかり選ばれた絵本が与えられたらどんなにいいことでしょうか。

わが子の発達段階や個性に合った絵本がconoco terrace(コノコテラス)」の専用サイトでは、3歳から5歳の育児を行う大人向けに、 子どもの思考・行動パターンに関する質問が出されます(年長児には、親が子どもに画面を見せながら回答を促す質問もあります)。

この設問は早稲田大学の本田恵子教授の監修で設計、発達段階や個性に照らして「言語・語学」「論理・数学」「内省」「自然・博物学」「音楽・リズム」「視覚・空間」「身体・運動」「対人」など8つの能力における診断結果が出されます。

アカデミックな個性診断ではまず「チャートの数値を他人と比べること」の意味のなさについて触れています。基準は回答者によってバラバラなので当然かもしれません。 むしろ注目しているのは、8つの脳力のバランス。いまのお子さまの発達段階で、どの力が働きやすいか目を向けるのが大切なようです。 「お子さまの得意な力に寄り添うことで、お子さまの自己肯定感や自信を育むことにつながります」(診断コメントより)

最後には子どもの得意を活かした「わが子のいまに、ぴったりな一冊」が4つリコメンドされます。申し込むと、その絵本をより楽しむためのアクティビティが掲載されたオリジナルガイドブックと一緒に配送するのが「conoco terrace(コノコテラス)」のサービスというわけです。

モニター利用者からは「さっそく自分では選ばないような絵本が届き、それ自体が新鮮でした。果たして子供の反応はどうだろうと一緒に読みましたが、意外にも楽しそうで、「もう一回読んで!」が続きました(疲れました)。」という声が。

私たちは、絵本というモノそのもの以上に、お話しの世界を子どもと楽しむ「幸せな時間」を求めているのかもしれません。 「conoco terrace(コノコテラス)」が目指すのは、そんな親子の幸福感を通して育まれる、 子どもたちの“自分らしく生きる力”を応援することなのです。

イベントNEWS
conoco terrace(コノコテラス)体験イベント「楽しく育脳! わが子がグンと伸びる絵本の見つけ方」


日時:7月20日(金)16:00-17:00
場所:DADWAY PLAYSTUDIO (横浜ベイクォーター 4F)
対象年齢:3歳~5歳(推奨)
募集人数:15組(応募多数の場合は抽選)

ぴったり絵本+オリジナルガイドブックをお持ち帰り!
監修者の本田恵子教授の特別セミナー他、絵本ワークショップなども「楽しく育脳! わが子がグンと伸びる絵本の見つけ方」の 詳細はコチラ

*「conoco terrace」の、「脳科学の知見に基づき設計された、個性に合わせて書籍を選書するバックロジックシステム」は凸版印刷株式会社が特許申請中です。
*「conoco terrace」は、凸版印刷株式会社が商標登録出願中です。
* 本ニュースリリースに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。