健康なお口を、一生の贈り物に



自然に「おっぱい」を飲みはじめる新生児は、やがて自分の意思で「食べる」ようになります。
赤ちゃんの口腔の仕組みと大人たちの出来ることとは?

新生児がおっぱいを飲むのは、生まれもった機能である「原始反射」によるもの。赤ちゃんが、乳首を見つけて口を開け、乳首に吸い付き、母乳やミルクを飲む「乳児嚥下(えんげ)」のために、自然に行われる動作です。やがて離乳食がはじまる頃にこの「反射」は消え、赤ちゃんは固形物を咀嚼して飲み込む「成人嚥下」が出来るよう、自ら発育の階段を昇りはじめます。

この「成人嚥下」は、反射で動いた「乳児嚥下」と違い、自分の意志による動作です。
言い換えれば、赤ちゃんは毎日の授乳や離乳食を通じて、舌や口の周囲の筋肉の動かし方をトレーニングしているようなもの。つまり生涯に必要な「食べる」機能を、自分で身につけているのです。

離乳初期のゴックン期(5~6カ月)、離乳食中期のモグモグ期(7~8カ月)、離乳食後期のカミカミ期(9~11カ月)、離乳食完了のパクパク期(1歳~1歳6カ月)。
赤ちゃんは発育に応じて、しっかり口を閉じて鼻で呼吸しながら、舌を上あごに付けて飲み込む動作を獲得していきます。食物が本来持つ堅さのものを、適切な量を口に入れて咀嚼して、飲み下すことを学ぶこの時期に、あまりペースト状の離乳食に頼るのはいただけません。
またこの口腔内の舌や嚥下の動作が、実は全身の筋肉の動きを促し、おすわりやはいはいなどの身体の発達に影響を与えていると考えられています。
赤ちゃんにとって「食べる」ことは、単に栄養をとるだけではないのです。


赤ちゃんが母乳、ミルクを飲み込む様子が分かります。

ところで最近では成人の嚥下をめぐり「誤嚥性肺炎」が問題になっています。「誤嚥(ごえん)」とは食物が食道に入らず気道に入ること。細菌が唾液と一緒に肺に入り炎症を引き起こす病気です。「50歳頃から唇や舌の力、全身の機能低下がはじまり、飲み込む力が少しずつ衰え、食事中にむせる誤嚥が多くなり、高齢者の『誤嚥性肺炎』が増加。日本人が亡くなる原因のひとつして、クローズアップされました」。(飯塚先生)

そこで先生がはじめたのが、おしゃぶりを使った大人に向けた嚥下トレーニング講座。「舌の動きは、飲み込みに必要な口腔周囲筋はじめ、腹筋、首など骨格筋を鍛えます。じつは高齢者の介護ケアには、専用の口腔トレーナーによるリハビリで、生活の質を劇的に改善した例がとても多いです」。(飯塚先生)

年齢を越えて口腔内を整えることは、全身の健康を増進させる鍵といえます。とくに身体の基礎が作られる乳幼児に、一生ものの健康づくりが授けられれば、言うことありません。年を重ねる大人たちも、子どもたちの発育していく様子に元気をもらって、家族みんなでお口の健康を見直したいものです。分からない時は歯科医や専門家にご相談ください。



INTERVIEW 飯塚 能成(いいづか よしなり)先生
歯科医。『飯塚歯科医院』院長。一般歯科医療の他、摂食・咀嚼・嚥下を専門とし乳児の哺乳指導から高齢者や機能障害者の義歯治療、嚥下機能改善の治療に実績がある。口腔と体の健康を考える『IPSG包括歯科医療研究会』会長。