夏の家族でのおでかけ

プレイジムの選び方と遊び方

アウトドアが恋しくなるこのシーズン。
ワクワクするおでかけがさらに楽しくなるように、注意したいポイントや揃えておきたいアイテムをご紹介します。
お子さんと一緒におでかけをする前に是非ご一読ください!

夏のおでかけの前におさえておきたいポイント

まずは、体調管理が大切なポイントになります。
お子さんに応じて、アイテムを使い分けて、快適なお出かけを楽しみましょう。

○ 日やけ対策 紫外線が多い季節、日やけ対策はしっかりと行いたいものですよね。
とはいえアクティブなお子さんは、大人しく日傘をさしてくれることなんてほとんどないですよね。
日やけ止めや、UVカットのジャケットできちんと対策を。
日やけ止めは汗で流れてしまうので、こまめに塗るのがポイント。
2~3時間おきに塗り直すように心がけましょう。
つばの大きな帽子は、日よけに最適ですが、風にあおられて脱げてしまうことが多いです。
ゴムをつけたり、帽子をとめるクリップを利用するなどの工夫をするとよいでしょう。
キャップタイプの帽子は、うなじが日やけしてしまうことが多くあります。
うまじまでカバーできる日よけが付いたものやタオルを活用して、紫外線からお子さんを守ってくださいね。

○ 熱中症対策 熱中症は、スポーツや身体を動かした際に起こる危険性があります。
また特に乳幼児に起りやすい症状としても知られています。
こまめに水分補給を行うだけではなく、塩分も忘れずに補給することが大切です。
涼しい服装を心がけ日差しを避けて日陰で遊ばせるだけではなく、帽子もきちんと被らせてあげましょう。

○ 寒暖差対策 高地などへのおでかけは昼夜の寒暖差が激しく、昼と夜が同じ格好だと風邪をひいてしまうこともあります。
おでかけの際には必ず上着を持参するように心がけてください。
屋外へのおでかけでお勧めなのがフードつきタオルです。
頭から被るとうなじが隠れて日よけになりますし、急に寒くなったらポンチョ代わりにも使うことができるので便利です。


アウトドアで注意したいこと

夏は、海や山へのアウトドアレジャーを楽しむのにピッタリの季節。
とはいえ普段は行き慣れないアウトドアスポットでは、思いがけない事故やけがが起きてしまうことも。
アウトドアへのおでかけで注意したいことをまとめてみました。

○ 水辺の注意点 海や川で一番多いのが「目を離したすき」のトラブルです。
お子さんからは絶対に目を離さないように心がけてくださいね。
特に川は、急に深くなる場所があり見た目に寄りません。
膝より深いところには絶対に行かないように注意しましょう。
そして、水に入る際にはアクアシューズを着用してけがを未然に防ぎましょう。
水辺では風が吹く場所が多く、涼しく感じるので帽子を脱いで遊ぶお子さんも多いですが、熱中症の危険があるので帽子は必ず着用してください。

○ 緑が多い場所での注意点 森林やピクニックにピッタリの草原は虫の宝庫といえます。
長袖を着用したり、虫よけスプレーを使用して、虫刺されを防ぎましょう。
またハイキングを楽しむ際には、必ず靴下とスニーカーを着用します。
特に山や森林で遊ぶ際には、目立つ色の服を着せ、子ども同士で親と離れないように十分に注意してくださいね。

夏のおでかけに持参したい便利グッズ

思わずおでかけが楽しくなってしまいそうな、便利で可愛いグッズをご紹介します。

○ 水辺のお出かけに欠かせないパドルバッグtrunki トランキ」の防水パドルバッグは、水辺へのおでかけにピッタリな防水仕様。
その上軽量仕様で、大きな間口なので「お子さんでも扱いやすい」と評判です。
フロッグロブスターなど、かわいらしいキャラクターを背負って、一緒に水辺を探検してみませんか。
背面には通気性の良いメッシュ素材が使用されていて、背中に熱がこもってしまいがちな夏のお出かけも快適。
ショルダーストラップは、お子さんの成長に合わせて自由にストラップの長さを変えることができるだけでなく、リフレクターが付いていて、夜間の帰宅でも安心です。

○ お子さんが歩き疲れた時に活躍!ライドオン・トランキtrunki トランキ」のライドオン・トランキは、荷物を入れてキャリーバッグとして使用できるだけではなく、なんとお子さんが乗って移動することも可能!
18リットルと収納力もバッチリな上、ホイールは幅広の車輪が採用されており、素晴らしいコーナリングを実現しています。
お子さんの力でも、簡単に動かすことができるのは嬉しいですね。
トランクを開けると、インターポケットやベルトがついており、ゴム製のリムで開閉時にけがをすることもありません。
お子さんが一人でも使いやすいように考えられたトランキ。歩き疲れたお子さんを乗せられる優れものです!

おでかけ準備も一緒に楽しんで

遠足の前の準備って、ワクワクした経験ありませんか?
折角のおでかけ、是非お子さんと一緒に準備も楽しんでください。
パドルバッグライドオン・トランキは、収納力抜群なので汗ふきタオルや着替えだけではなく、お子さんの宝物を入れるのにも最適です。
小さなボールや虫眼鏡など、アウトドアをより楽しむことができるグッズを入れてみては?
よちよち歩きのお子さんは、パドルバッグにおむつやタオルを入れてあげると、万が一転んだ時にクッションになってくれますし、荷物も運んでくれるので一石二鳥です。
1つ1つ持っていくものを考えるのも楽しい時間です。是非お出かけ前に慌ただしく過ごすのではなく、前日に準備をゆっくりと一緒にしてみてくださいね。



おわりに

家族でのお出かけって、楽しみが沢山ありますよね。
そんな楽しい時間に欠かせないtrunki トランキパドルバッグライドオン・トランキ
お子さんと一緒に準備をして、アウトドアレジャーを堪能してみませんか。



<特集:トランキを持って、あそぼう・はこぼう・でかけよう>